ノーファンデ

<< 車窓から… | TOP | ニライカナイからの手紙。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
祖父の夢。
以前の記事に書いていた祖父が先々月亡くなりました。今このことを記事にするのもあれですが、なんとなく。
実はお通夜の前の日も、そして四十九日の前の日も祖父の夢をみました。どちらも記憶が曖昧になってきているので詳しくは話すことができませんが、最初の夢は祖父が自転車にのって走っていて、それを私が追いかける夢でした。そんなことを母や祖母に話すと「遠くに離れていかはってんなぁ」とか「じいさん、一番あんたのこと気にしてはったから夢にでてんなぁ」とか言われたように思います。どうやら親族の私以外だれも祖父の夢はみなかったようです。そして次の夢はなぜか祖父は車椅子にのっていました。生前車椅子にお世話になったことのない祖父ですのでそこは不思議なのですが、何か私は守ってもらったような気がしました。
ひとりごと/日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
comment










trbk URL
http://digger.jugem.jp/trackback/160
trbk